記事一覧

宣伝用の印刷物の種類

印刷機

広告から案内状まで様々な用途で使える

案内状やイベントの告知などに便利なのがフライヤー印刷です。用途に応じて選べる豊富なサイズや表現力豊かな印刷面は、多くの消費者の心を動かしてくれます。印刷業者では、フライヤー印刷に関していくつかの種類を用意しています。それぞれ違った特徴を持っているので、どのようなシーンで使うのか想像しながら最適なものを選ぶようにしてください。基本となるのが、オフセット印刷によるフライヤー印刷です。コート紙や上質紙に印刷をするもので、一般によく使われるB5やB4サイズの他、名刺サイズのものから広げて閲覧できるA3サイズまで幅広く揃っています。一枚紙に印刷をするのですが、二つ折りや観音折りといった折り加工にも対応しているのも特徴です。広告に使われるのが一般的ですが、薄くて配布しやすいことからリーフレットやポスティングチラシにも向いています。上記のものに用紙を厚めにしたものが、厚紙フライヤー印刷です。コート紙や上質紙が使われる点は同じであるものの、180kgから300kgといった厚手のものが使われるのが大きな違いです。用途としてはパッケージやディスプレイに用いる他、他のチラシとの差別化戦略にも使うことができます。重みがあることから、高級感を出す目的でもよく使われています。コインで削ると当たり外れがわかるような、スクラッチカードの注文も可能です。サイズは他のフライヤー印刷に比べると限られますが、削る楽しみを付加できることから新装開店時のPRや来場者へのプレゼントに最適です。