記事一覧

会社選びのポイント

カラーチャート

見るべき所を見ればいい会社が見つかります

フライヤー印刷を業者にお願いする場合に、一番気になるのは「お金だ」と言う人は少なくないのではないでしょうか。会社により依頼料は異なり、たとえば6万部お願いする場合、6万円台でお願いできる所もあれば12万台になってしまう会社もあります。一回の注文で数万違うとなると、年間で考えた場合数十万円に違いになってしまうので、お金のことは少しシビアになった方がいいかもしれません。ただどんなに依頼料が安くても、印刷物の品質が期待にそうものでなくては、お金の無駄になってしまう可能性があります。印刷業界では「線」と言う言葉がありますが、これは印刷の制度を示す尺度で、数が多い程基本的に品質が高い商品になります。フライヤー印刷に関しては、175線程度が標準だと言われているので、200線を超える場合は品質がいいと言っていいでしょう。印刷物と言えば印刷ミスがあることもあるので、何かあった場合にどこまで対応してくれるのかを、確認することおすすめします。印刷ミスがあった場合、無料で新しいものに変えてくれたり返金してくれたりする他、印刷ミスが無くても条件を満たせば返金してくれる会社もあります。会社の所在地も気にした方がよく、自社とフライヤー印刷サービスを提供している会社の所在地が遠いと、発送後到着するまで時間がかかってしまいます。また、自社の近くにあるフライヤー印刷サービスをしている会社があると、急ぎで印刷物を取りに行きたい場合、車を走らせればそれが可能となります。