記事一覧

ロット数に合わせて選ぶ

写真

印刷機の特徴

元来フライヤーは飛行機に乗って配られたチラシのことを指していましたが、現代では一般的なチラシとほぼ同義となっています。稀に、厚みがあったり小さかったりするチラシがフライヤーと呼ばれる場合もあります。デザインはデザイン会社に、フライヤー印刷は印刷会社に依頼するのが一般的です。デザインから印刷まで一貫して受注する印刷会社を選ぶことも可能です。フライヤー印刷で長らく活躍してきたのが、オフセット印刷機です。フライヤーを始め、雑誌やカタログなど、様々な商業印刷物に使われています。デザインを写した版を作成してから印刷にかけるので、大ロットでの注文に適します。オフセット印刷が得意とするのは、多色刷りです。グラデーションが綺麗に印刷でき、写真も美しく刷り上ります。ただし、インクの乾燥に少し時間がかかるので、急ぎの注文には応じられないことが多いです。オンデマンド印刷であれば、即日仕上げに対応してくれることがあります。高性能のレーザープリンターによる印刷方法で、デジタルデータを読み込んで出力します。版の作成が不要で、小ロットのフライヤー印刷でも単価が高くなりません。工程が少なく、インクではなく速乾のトナーが使われるために納期が短くなっています。粉末のトナーは網点の精細度が落ちやすく、グラデーションが綺麗に現れない場合があります。さらに、色ムラが起きることや印刷位置のずれが生じる可能性にも注意が必要です。摩擦や折り目にも弱いため、品質にこだわる場合のフライヤー印刷は、オフセット印刷がベストかもしれません。